?     明治機械製作所|技術資料|定期点検と整備項目「スクリュコンプレッサ」
明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > 定期点検と整備項目「スクリュコンプレッサ」

定期点検と整備項目「スクリュコンプレッサ」
定期点検基準表
コンプレッサの性能・寿命を維持し、永く良い状態でお使い頂くために、日常の手入れが大切です。定期の整備・保守・点検を実施してください。
点検時期はコンプレッサの使用状況、取扱方法などにより異なり一概には決めにくいものですが、一応の目安として下表に示します。
使用年数、運転時間のいずれか早い方を点検時期とし、整備間隔は繰り返しの時間です。
空気タンクが第二種圧力容器に該当するコンプレッサの場合は1年以内ごと1回、自主検査を行いその記録を3年間保存して下さい。
  警告:点検・整備を実施しないで運転を継続した場合、重大な事故に至る場合がありますので、必ず点検整備を行ってください。
  点検整備間隔は保証時間ではありません。表にあげた時間は標準的な使用の場合です。使用状態により、下記点検時期は多少異なりますので、使用状態が過酷な場合は点検間隔を短くしてください。
【参考資料】
点検箇所 点検事項 点検整備間隔 備 考
毎日 1000H
または
2ヶ月
6000H
または
1年
12000H
または
2年
24000H
または
4年
48000H
または
8年
各計器指示値



コイル 絶縁抵抗      ●       1MΩ以下は乾燥または交換 
ベアリング 交換  
シロッコファン 点検  〇 汚れがひどい場合は早めに交換
(3000H時間ごと)





ベアリング 交換  
Oリング 交換  
アンローダ消耗品 交換  
バキュームレリーフ
バルブ消耗品
交換 アンローダの内蔵品
エアフィルタ 清掃・交換
(清掃)
 〇
(交換)
防塵フィルタ 清掃・交換
(清掃)
※〇
(清掃)
※3000時間ごと交換













コンプレッサオイル
レベル
点検 不足の場合は補給して下さい。
レシーバタンクドレン 排出
(週1回)
コンプレッサオイル 交換 汚れがひどい場合は早めに交換
オイルレベルゲージ 清掃・交換
(清掃)

(交換)
給油口Oリンク 点検 異常がない場合は点検後再使用可
オイルセパレータ
エレメント
交換




回収オリフィスの
ストレーナ
清掃
オイルフィルタ 交換
ゴムホース 点検・交換
(点検)

(交換)
ナイロンチューブ 点検・交換
(点検)

(交換)
オイルクーラ・アフタークーラ 清掃 汚れがひどい場合は早めに交換




 
安全弁 作動確認
プレッシャコントロール
バルブの消耗 
Oリング
点検・交換
ピストン
点検・交換
異常がない場合は点検後再使用可
吐出空気/外気温センサ 点検 異常がない場合は点検後再使用可
バイパスバルブ 点検 異常がない場合は点検後再使用可
電磁弁 交換  
 ベルト  張り調整
・点検
異常がある場合は交換
交換 プーリも状態により交換
・ 〇印はお客様に実施して頂く項目になります。●印の項目については、専門知識が必要となりますので最寄の支店、営業所または販売店にご相談ください。
・点検整備は通常の運転状態での点検・整備間隔を示してあります。
・上記は参考資料です、製品付属の取扱説明書を参照ください。