塗装機器・関連機器

廃缶処理機(カンパックス):CPシリーズ

関連機器:廃缶処理機

PRODUCT

  • CPH-18

    CPH-18

  • CPT-20C

    CPT-20C

  • CPE-20D

    CPE-20D

特長

カンパックス

  • ●ペール缶、18L角缶や小缶が処理できる万能型です。
  • ●駆動源はコンプレッサの圧縮空気による空圧式と三相200V電源による電動油圧式の2タイプ。
  • ●万全の安全機構付き、操作も簡単でスピーディに処理できます。
  • ●廃缶ストックスペースの有効利用や廃缶処理費用の削減に威力を発揮します。

       

  •  ●処理できる缶の種類

                         ペール缶     18L角缶    4L・1L缶など  CPE処理イメージ

                                     

製品形式

CPT-20C
CPE-20D
CPH-18      

 

手動式廃缶処理機

CPH-18

  • ●ハンドルを回すだけで18L角缶の天板を軽々と開封できます。
  • ●刃の取付、取外により、四面、三面、二面切の3通りの開封が可能です。

 

   

 

  • ●刃はアングルグライダ等で研磨することが可能で交換もできます。
  • ●使用イメージ

 

    

 

空圧式廃缶処理機

CPT-20C

  • ●ペール缶を約1/10に、18L角缶を約1/8にプレスできるハイパワー廃缶処理機です。
  • ●扉を閉めないと作動しない安全設計です。
  • ●フットバルブ式で操作が簡単です。
  • ●残留液は廃液受(パレット)に回収されます。

 

電動油圧式廃缶処理機

CPE-20D

  • ●ペース缶、18L角缶を縦方向に約1/10にプレスできるハイパワー電動油圧式廃缶処理機です。
  • ●コンプレッサ不要の電動油圧式で、三相200V電源に接続するだけで使用できます。
  • ●扉を閉めないと作動しない安全設計です。
  • ●プレス後に万一モータが停止しない場合は、自動的に電源が切れる安全機構を採用しました。
  • ●非常停止ボタン付きですから万一の場合も安心です。
  • ●操作はボタン式で、プレス開始から終了までワンタッチでOKです。
  • ●残留液は廃液排出口より回収できます。

使用用途

このようなところでお役立てください。
修理工場 塗装・染色工場・印刷工場 薬品工場・科学工場
食品工場・ホテル・レストラン クリーニング工場 官公庁・病院・学校

仕様一覧

▽廃缶処理機
形  式 CPH-18CPT-20CCPE-20D
タイプ 手動タイプ 空圧タイプ 電動タイプ
加圧力 kN - 23.1
(0.59MPa時)
34.8
使用空気圧力 MPa - 0.49~0.98 -
電動機電源 V - 三相200 1.13kW
電動機出力 kW - 1.13(4P)
定格電流 A(50/60Hz) - 6.4/5.2
処理能力 個/時間 - 240 120
起動方法 手動 フットバルブ プッシュボタン
概略寸法
全幅×奥行×高さ
mm 430×760×850 595×620×1105 694×595×1525
質量 kg 28 230 250
処理できる缶の種類 18L角缶 ペール缶 / 18L角缶 / 4L缶 / 1L缶
・空圧式は1.5kW以上の圧縮機をご使用ください。
・圧縮機との接続用エア入口はG1/4のニップルです。
・家庭用電源(100V)で使用できる出力0.75kWのコンプレッサを使用した場合の処理能力は120~180個/時間です。
--ご注意--
・残留物がない状態でプレスしてください。
・缶のキャップは外してプレスしてください。
・清掃・点検や使用していない場合は、必ずエア源を切ってエアを抜いてください、電動式は必ず電源を切ってください。

カタログ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせご質問、資料請求などはこちらから

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL. 06-6309-1221

FAX. 06-6304-0661

受付時間 9:00~17:00 
FAX 24時間受付

各事業所へのお問い合わせ
営業日カレンダー

・・・ 休日

会員サイト

採用情報