技術情報

スプレーガンのパターン形状について

パターンの大きさ

パターン調節弁の開閉により丸吹きから平吹きまで調節することが可能で、被塗物の形状により使い分けます。

名称 パターンイメージ 特長
丸吹きパターン 細かい箇所への塗装に適している。
平吹きパターン 平面や広い面積への塗装に適している。

パターン形状

パターン形状はキャップの種類によってストレートパターンとチューリップパターンがあり用途に応じて選定します。

名称 パターンイメージ 特長
ストレートパターン ■汎用微粒化タイプ
ラッカー系塗料や下地塗料のように乾燥が速く
比較的厚くつけたい場合や作業効率優先で微粒化を求めない用途に適しています。
セミチューリップ
パターン
■中高微粒化タイプ
塗装範囲の中小な部分に適したパターン幅で微粒化もよく、小物のスポットからオールマイティに使用できるパターン形状。
チューリップ
パターン
■高微粒化タイプ
・パターン幅が比較的広く、高微粒化タイプに多い。
・塗料の分散がよく薄膜で塗ムラになりにくい。
・メタリックなどの上塗りの高級塗装に適しています。
・吹付距離の違いによるパターン幅の変動が少ない。
・乾燥が遅めの二液型ウレタン樹脂塗料やメタリック・パールなどに適しています。

カタログ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせご質問、資料請求などはこちらから

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL. 06-6309-1221

FAX. 06-6304-0661

受付時間 9:00~17:00 
FAX 24時間受付

各事業所へのお問い合わせ
営業日カレンダー

・・・ 休日

会員サイト

採用情報