技術情報

空気タンクの選定

計算によって選定する場合

一定圧力を保持するための空気タンクの容量計算

計算式       計算例  スクリュ37kW,0.69MPa 
V(m3) 空気タンク容量       求める空気タンク容量
P1(MPa) 空気タンク圧力       0.69MPa 
P2(MPa) 必要吐出し圧力         0.49MPa
Q(m3) 使用空気量(Q=Q1-Q2)         必要空気量-吐出し空気量
Q1(m3) 必要空気量         8m3/min
Q2(m3) 吐出し空気量         6.1m3/min
 t(min) 使用時間         15sec 
         
V=  Q×t   V=  (8-6.1)×15/60 =0.475m3(475L)
(P1-P2)×10   (0.69-0.59)×10
           
※必要圧力の0.49MPaを確保するため、空気タンクの必要圧力を0.59MPaとしています。

経験的に選定する場合

コンプレッサ出力 空気タンク容量
2.2~3.7kW 30~100L
5.5~7.5kW 100~200L
11~15kW 200~400L
22kW 400~600L
37kW 600~1000L
55kW 1000~1500L
75kW 1500~3000L

カタログ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせご質問、資料請求などはこちらから

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL. 06-6309-1221

FAX. 06-6304-0661

受付時間 9:00~17:00 
FAX 24時間受付

各事業所へのお問い合わせ
営業日カレンダー

・・・ 休日

会員サイト

採用情報